珈琲豆碾き売り コーヒーのいろいろ お料理メニュー 珈琲市場オネストコーヒー

当店で取り扱っていますコーヒー豆の一例です。
下にご紹介するコーヒー豆以外にも豊富に取り揃えております。
コーヒーの種類と特徴
代表的な豆種
コーヒー特有の円熟した香味や豊潤な深い味わいを“コク”と呼びます。
豆の脂肪分が焼けたときに出てくる、独特な奥行きのある味こそがコーヒーのコクです。
コーヒーの味の感じ方も人それぞれですが、“コク”こそ、一番「美味しさ」を感じられ易いタイプと言えるかもしれません。
コロンビア・アピア
ティピカ種の上品な香りと優れたコクがあり、コロンビアコーヒーのマイルドさが際立った豆です。
マンデリン
クリアな苦味と豊かなコクを堪能できる、重厚感のあるコーヒー豆。甘い物との相性もいいでしょう。
モカ・ブレンド
モカ・ハラリ、マタリをベースにコロンビアアピアをブレンド。コクと香りの中に、程よい酸味が広がります。
コーヒーなのに甘いってどういうことなのでしょう?砂糖やクリームを入れる甘味とは違う、コーヒーそのものの甘味。それはコーヒー豆にもともと数%含まれる糖分が、焙煎過程において一部が苦味や香りの成分となり、他が甘味成分として残ることから発生するテイストです。また良質な豆が適正にローストされた時にタンニン(コーヒーの味を大きく左右する多くの植物に存在する水溶性物質)の渋みのなかに微かに感じられる甘味があると言われます。高温処理などによって苦味が強く出てしまうとせっかくの甘味が損なわれます。甘味は大変デリケートで貴重な“テイスト”なのです。 ブルマンNo.1ブレンド
最高級ブルーマウンテンNO.1を贅沢にブレンド。最高級のブレンドが味わえる一級品!
フクダ・ブルボン
ブルボン種の柔らかく甘味の強い豆。その甘味とコクが女性に人気です。
グァテマラ・ブルボン
無農薬栽培のブルボン種の豆で、甘味とコクのあるグルメコーヒーとして人気です。
コーヒーの香りは、何十種類もの揮発性芳香物質の統合されたもので、豆の種類、焙煎技術、焙煎過程で複雑に変化します。それらの物質が抽出液に溶け出して、コーヒー独特の芳香(アロマ)を生むのです。香り(アロマ)のもとになるのが芳香性物質なら、味(テイスト)を構成するのが水溶液物質。それらは常に調和し合って、コーヒー特有の味わいを作るのですね。優れた味のコーヒーとは、豊かな香りを伴うものであると言えます。 ブルーマウンテンNo.1
僅かしか入手できない貴重な豆。
上品な甘味と酸味が最高級の味。

モカ・マタリクラシック
気品のある甘味の中に、モカ独特の香りが広がります。
黒豆入りブレンド
珈琲豆と一緒に黒豆をブレンドしているので、黒豆成分のもつ脂肪燃焼効果などさまざまな効用があるとされます。黒豆の香りが豊かに残ります。
人間の味覚は、まず甘味に美味しさを見いだし、進化するにつれ酸味・旨味・コクなどを美味しさに目覚めて行き、最後に“苦味”の魅力に達すると言われます。コーヒーの最大の個性はその“苦味”であると考えられます。ただ単に苦いのでは美味しいとは言えませんが、深煎りに上手く焙煎されたコーヒーには美味しい苦味を感じることができます。焙煎職人の最後の試練とは、いかに深煎りのコーヒーを美味しく焙煎できるようになるか?ということなのでしょう。 深煎りマンデリン
しっかりと焙煎することで、深煎りならではの苦味とコクを出しています。その独特の味わいに一度はまったら…離れられなくなるかも?!
ヨーロピアンブレンド
イタリアンローストされたサントス・モカハラリ・マンデリンのブレンド。苦味とコクがきいてます!エスプレッソにも最適。
ハードアイス
イタリアンローストでハードに煎り、アイスコーヒーに最適な仕上がり。かなりの苦味がありますが、アイスで飲むとさっぱりいただけます。
良い“酸味”を感じるコーヒーは、良質の豆と高度の技術なくしては出会うことができません。生豆の品質、保存期間、焙煎方法、そして抽出技術。すべてにおいて酸味のテイストは変化し、苦味とともにコーヒーの味の決め手となる貴重な味覚成分です。酸味だけではただの酸っぱいコーヒーになってしまいます。ですが、焙煎技術と適切な抽出方法によって【酸味・甘味・コク】の絶妙なバランスを生み出すことでより“コーヒー通”な味わい方ができるかもしれません。 キリマンジャロ
キリマンの略称で親しまれる豆。
強い酸味と甘い香りが特徴的。

モカ・マタリクラシック
柔らかな酸味と気品あふれる甘味で後味さわやか!
香りも豊かなコーヒー豆です。